エメリッヒのピョートル2世のビジョン

________________________________________________________________

ピョートル2世のキャサリンエメリッヒビジョン– 2021年5月10日| リトルペブル (littlepebble.org)

[ウェブサイトを参照してください:https//meditationsoncatholicism.blog/2021/05/03/emmerichs-vision-of-peter-ii/ ]

2021年5月3日inspiredbythespirit(Manuel Silveira)によって投稿されました


聖カタリナエメリッヒの最後の教皇のビジョン:

「昨夜、私は教皇のビジョンを持っていました。私は聖フランシスコが教会を運び、聖ペテロ大聖堂が彼の顔にユダヤ人の何かを持っていた小さな男の肩に担がれているのを見ました。それは非常に危険に見えました。メアリーは教会の北側に立って、マントをその上に伸ばしました。その小さな男はほとんど二重に曲がっていた。彼はまだ、世俗的です。私は彼が誰であるか知っています。私がいつも12人の新しい使徒として見ている12人の男性は彼を助けたはずでしたが、彼らは到着が遅すぎました。しかし、彼が倒れそうになったとき、彼らは皆、彼を助けるために無数の天使たちと駆け寄りました。」(Vol.2 p.299-300)。

2020年です。2010年11月以来、イエスが40年以内に戻って来るとイエスが言われたように、私たちは出来事が変わるのを待っています。それ以来、何が起こったのでしょうか?私は個人的に、イエスが戻るまでに15年かかると信じています。そして、来ているしるしが私たちが待っているしるしである理由です。私たちが待っている兆候は何千もありますが、確かなことは、イエスが2050年の終わりまでに戻ってくるということです。なぜなら、イエスが期間の終わりに語る期間は40年、つまり2050年だからです。しかし、私が信じているように、イエスは私たちに時間を与えませんが、私たちにヒントを与えてくださいます。ですから、2010年11月8日にイエスがマリア・ディバイン・マーシーと話してから10年が経ちました。40年は2049年11月8日であるため、それは終わりの始まりでした。それで、私は2035年の主に彼が戻るように与えました。

どうやって時間を読むことができるのでしょうか?起こらなければならない最初の問題はこれです:私たちは第三次世界大戦を待っています。イスラム教徒のグループがイスラエルを攻撃するためのグループを形成するので、そこから始めて、それを形成するので、それは中東で始まります。最初の攻撃では、彼らは核爆弾を使用します。それは戦争を開始し、トルコとロシアをそれに連れて行きます。

イスラム教徒はスペインとフランスを攻撃し、ロシアはドイツとイタリアを攻撃します。中国は韓国、台湾、香港を攻撃することで関与し、その軍隊を中東に持ち込むでしょう。

アフリカ諸国は不安定になるでしょう。一部は戦争状態になります。オーストラリアはインドネシアに侵略されます。アメリカは、カリフォルニアが海に落ちることで、懲らしめられるでしょう。ハワイと非常に多くの島々は、海の水が上昇し、多くの海岸を飲み込むため、海に沈みます。なぜなら、海はすべての国で上昇するからです。

次の兆候は、警告の前に有効になるすべてのイベントです。ほとんどの国が戦争状態になり、数百万人が死ぬでしょう。最初の警告サインは、地球を襲う暗闇です。約6時間の暗闇になります。原因はわかりませんが、人類が来る大警告に備えるために、事前警告として世界が暗闇に置かれるため、大きなパニックが発生します。

フランスのパリとマルセイユは地面に平準化され、多くの大都市が破壊され平準化されます。

反キリストは大警告の直前に来るでしょう、しかし彼は第一次世界大戦の間に彼自身を知らせます。この戦争は数ヶ月続き、何百万人もの人々が亡くなります。彼は戦争を止めて世界に平和をもたらすでしょう、しかしそれはこの時期に大いなる警告が来て、そして世界の邪悪な人々のほとんどが何百万人もの人々で滅びるでしょう。警告が神からの愛と憐れみを示すので、世界の人口は回心します。

私自身、警告の時のために天国に連れて行かれ、23歳ですぐに地球に戻り、背が高く(6フィート)、額に星があります。私は聖パウロと聖ペテロによって演説され、教皇ピーターアブラハムIIの権威を与えられます。反キリストはしばらくの間敬遠され、私は世界中の人々をキリストに従うように導きます。

私は神の民をイエスに従うように導きますが、反キリストが全力を得るのはこの時期です。再び倒れる人の何人かは彼に従い、クリスチャンは隠れなければなりません–しかし、教会は強くなります。反キリストが地球を支配するのは3年半になるでしょう。聖なる君主はエルサレムに行き、神に命を捧げて死ぬでしょう。

2020年から2035年の間に多くのことが起こります-これはおおよその年です-イエスが戻ってくるときです。

それでは、現在2020年5月に世界がウイルスに悩まされ、ほぼすべての世界が閉鎖されているため、何が起こるかを見てみましょう。現在、ウイルスに接触して228,194人が死亡した3,219,242人がいます。肺と心臓を攻撃するので、さらに悪化する別のウイルスが来ています。ですから、世界は人類を神に戻すためにすべてウイルスを通り抜けています。私たちの主はこれが彼の子供たちを連れ戻すことを許しています。人類が神に立ち返るまで、世界は非常に深刻な問題に直面しようとしています。

最初の懲罰が始まりました–今度は残りが来ます。中東、イスラエル、イラン、トルコ、シリア、レバノン、エジプトが戦争を開始しますが、イスラム諸国はスペインとフランスとの戦争を開始し、イスラム教徒の人口と戦うことになります。カトリック教徒を守る。

教皇は、すべての団結を宣言することによって、すべての信仰を一つにまとめます。ヨーロッパの10カ国を形成する動きがあります。

最後の教皇である教皇ピーターアブラハムIIは、バチカンを改革し、団結をもたらすためにフィリピンに移ります。そして彼がこれを確立すると、彼はフランスの君主を助けるために中国、台湾、シンガポールそしてヨーロッパに旅行します。

第三次世界大戦が到来し、それはすべての国々を巻き込みますが、それは小惑星からの大きな懲罰であり、それはメキシコの近くの海に激突し、多くの人々を殺します。

第三次世界大戦中、イエスは来たるべき警告でそれを止めます。反キリストは警告が来る直前に彼自身を知らせます。起こることはたくさんありますが、最も重要なイベントは警告です。

わかりやすいシステムに入れておきます。ウイルスは、発生するイベントに向けた小さな一歩にすぎません。以下のセットは、今後数年間で物事がどのように進むかについての考えです。2020年は黙示録で語られた出来事の始まりです。

聖書の一部による詳細がわかったので、それを読むことができる限り、世界の出来事に行きましょう。

1.コロナウイルス2020

2.2番目のウイルスで

3.中東は、イラン、イスラエル、トルコ、シリア、その他の国々と激怒しています。ロシア

4.レバノンはクラッチから自分自身を解放するために深刻な動きをします

5.欧州連合は分裂し、ヨーロッパはイスラム教徒、特にスペイン、フランス、そしてドイツの一部であるポルトガルに侵略されます。

6. 2020年と2030年の間に、フランスの君主と教皇ピーターアブラハムIIが出現し、次の2年の間に第三次世界大戦が始まります。

7.次の2年で、リトルペブルは予言者を集めます。

8.第三次世界大戦は、中国がアジア全体を占領することから始まり、ヨーロッパに移ります。ロシアはヨーロッパを越えて移動し、中東に関与します。戦争は反キリストが彼の動きをするまで続きます。そうすれば、反キリストは多くが破壊される前に戦争を止めます。その時、警告が来るでしょう。

9.教皇ベネディクトはイタリアから移住し、彼が行く国で命を落とさなければならないので、警告は今後2年以内にいつでも来ると思います。

10.警告の後、反キリストはしばらくの間低く置かれます。

11.すべての邪悪な者は滅び、地獄に行き、世界は回心します。

12.誰もがカトリック教会に参加しますが、私は不思議な方法で教皇になります。

13.多くの人は、警告前の状態に戻ります。

14.フランスの王は、世界を強化するために私と協力します。

________________________________________________________________

This entry was posted in 日本語 and tagged . Bookmark the permalink.