Petrus Romanus, 2021年8月15日

_________________________________________________________________

https://littlepebble.org/2021/08/16/message-833-15-august-2021/?fbclid=IwAR2m9rw2lihBy_AVnFMgjDoVrOEUaWCKHy7IUjmyQy132o1ZhaNg6rWN6VI

私たちの女性:「父と子と聖霊の名において。アーメン。”

ウィリアム:彼女の後ろには何千人もの人々がいて、頭上には旗があります。

私たちの女性:「私の汚れなき御心の私の大切な息子、あなたに挨拶します。父と息子と聖霊の名において。アーメン。”

「今日、私は、私の愛する息子、あなたに恩恵を受けている、浄化の門から解放された100万人の魂を連れてきます。」

ウィリアム:三位一体の神と無原罪の御宿りのおかげで、彼らは皆ひざまずいて歌います。「そして、神の憐れみの年に私たちを救ってくれた私たちの愛する兄弟、あなた。」

聖母は私に話しかけ、こう言います:

私たちの女性「私はあなたを煉獄に連れて行くつもりなので、今あなた自身を準備してほしい。」

WILLIAM:の門の天使煉獄は、それを開きます。

私たちの女性:「私の愛する息子よ、天国への入場を待っているこれらの魂を見てください。」

ウィリアム:何十億もの魂が期待して祈っています。母マリアは私に彼らの上に十字架の印を作るように頼みました、それは私がしました。+

私たちの女性:「今日、1万人が天国に行くでしょう。私の息子よ、彼らはみなあなたを信じています。彼らは1時間以内に天国に入るでしょう。息子よ、私がいた場所に戻りましょう。」

「今日は輝かしい日です、私の子よ。もっと多くの魂が天国に入り、私の大饗宴の日に魂が非難されることはないからです。」

「私の子供たちと子供たち、今日私たちは天国への私の勝利を祝います。同様に、私はすべての子供たちに、あなたも天国に入る時期について考えてもらいます。これは私がすべての子供たちに入ることを望んでいる目標だからですが、敵は非常に強いので、私たちはすべての魂のために祈らなければなりません。今回は、まもなく自分の時間がなくなることを知っているからです。祈りなさい、甘い子供たち、あなた自身と世界の子供たちのために神のいつくしみのビーズ状の物。」

オーストラリアのニューサウスウェールズパンデミックのために完全に封鎖されましたが、それはニューサウスウェールズの人々に大きな争いを引き起こすので、それは不法な動きです。当局はこの問題を非常に恐れて見ていますが、これが私の子供たちに大きな不安を引き起こすので、支配している人々は非常に満足しています。担当者の方にはお答えがたくさんありますので、お祈りください。私の子供たち、このパンデミックはあなたが思っているほど深刻ではありません。祈りはすべての問題を解決します」

「私の愛する子供たち、世界はさらに暗闇に陥ります。中東の人々は扇動しています。アメリカタリバンの動きを阻止するために戻ってくることを期待して、状況。しかし、甘い子供たち、これはアメリカの構造を寄せ付けないためです。なぜなら、アメリカ軍を家から遠ざけることによって、国がアメリカの土壌を攻撃するとき、アメリカ人は家で力が弱くなるからです。」

「私の子供たち、アメリカのために祈ってください。特にカリフォルニア州で災害が発生するからです。人類はまだ私たちの祈りと償いの呼びかけに耳を傾けていないので、多くの州が苦しんでいます。偉大な試練がこの国にやってくるので、英国のために祈ってください。」

フランスのために祈ってください。この国が包囲されるのはそう長くはかからないからです。フランス君主のために祈ってください。彼の時がフランスの人々を救うために来る時が近づいているからです。ピョートル2世のために祈ってください。彼の召しがまもなく世界にやってくるからです。」

「この大饗宴の日に、私はすべての善意の魂に聖人を与え、彼らが完全さと神聖さに到達するのを助けます。私の聖なる息子であるあなたは、大天使と3人の聖人を受け取り、あなたの教皇の成就に向けてあなたの大義を助けるでしょう。」

「私はあなたとすべての善良な魂を祝福し、創造主の王国に至る道をたどります。+私はあなたを祝福します:父と子と聖霊の名において。アーメン。”

ウィリアム:聖母は聖ミカエルと一緒に白十字に戻り、私の守護天使は残ります。

私たちの女性:「私はあなたを愛しています、私の祝福された息子、ウィリアム:父と息子と聖霊の名において。アーメン。”

_________________________________________________________________

This entry was posted in 日本語 and tagged . Bookmark the permalink.