Petrus Romanus, 2022 年 10 月 31 日

________________________________________________________________

ウィリアム:聖母は教皇の聖母として私の前に現れます. 彼女は黄色のマントが付いた白い服を着ており、神の三位一体を表す 3 点の王冠をかぶっています。聖ミカエル、聖ラファエル、聖ガブリエルが彼女の周りに立っています。聖母は先に進むように言われ、十字架の印を作ります:

聖母: 「父と子と聖霊の御名によって。アーメン。”

ウィリアム:聖母から来る美しい光があります。白い十字架は彼女の後ろにあります。

聖母: 「わが子よ,あなたを祝福します。父と子と聖霊の御名によって。アーメン。”

ウィリアム:聖母の左腕には、教皇ピョートル 2 世の紋章が付いた長い金色の盾があります。

聖母: 「私の美しい息子であり、聖母教会の最後の牧師であるあなたを祝福します。私は今日、聖なる母教会の最後の牧師としてのあなたの役割に備えるために、あなたに話すことにしまし。預言が成就する時が来たので、ロシアはイタリアとバチカンを攻撃しようとしています。聖なる信仰の聖遺物は天国に運ばれましたが、あなたは何年も前に最後の牧師として選ばれたことを理解しなければなりません。 、アイルランドのマリア; このメッセージは、世界への主要なメッセージで与えられた最後のメッセージと矛盾していません。」

「聖母教会の勝利に向けた最終段階に向けて計画が作成されているため、あなたの勝利は目前に迫っています。祈りなさい、愛する子供たちよ、最後の段階が今まさに成就されようとしているからです。私の聖なる息子、リトル・ホワイト・ロックの勝利は非常に近いので、あなたは私の汚れなき御心を信頼しなければなりません。こんなに苦しんでいる最愛の息子よ、すぐに解放されます。」

「私の最愛の息子と世界の子供たち、人類は第三次世界大戦の準備をしていますが、小惑星が世界に向かっており、人類が非常に危険にさらされていることに気付くので、世界はすぐにショックを受けるでしょう.これは、アメリカと南アメリカの間のアメリカの海岸と中部に向かっているためです。それは海の深い振動を引き起こし、多くの大洪水を引き起こし、多くの人々の死を引き起こすでしょう。愛する子供たちよ、来月の赤い月の時点で、この出来事は多くの大きな懲罰をもたらすからです。多くの人が自分の人生を振り返るきっかけになるでしょう。」

「私の子供たちよ、中国のために祈ってください。なぜなら、中国は台湾日本韓国で戦争の準備をしており、人類が信じていない大戦争をもたらすからです。ですから、たくさんの祈りをお願いします。ロシアはまた、ヨーロッパの多くの国を攻撃する準備をしており、それは全世界を不安にさせます. ノルウェーとロシアと国境を接する国々のために祈ってください。」

「私たちの子供たちに、イエス・キリストの教会、聖なるローマ・カトリック教会の真実のために祈るようお願いします。大分裂が私たちのすべての子供たちに訪れるからです。現在のカトリック教会と忠実なカトリック教会への現代信仰を実践したい人。キリストの真の代理者は、ローマを離れて異国に旅立ち、聖母教会に大患難をもたらすために命を犠牲にすることになるでしょう。」

「わたしの子供たちよ,教会は大患難を経験するので,祈ってください神とその聖なるカトリック教会、そして将来の牧師である教皇ピョートル 2 世のために、すべての苦しみを味わうよう、私の子供たちにお願いします。」

「私は今日、至高者の意志を行うための恵みと力をあなたに与えるために来ました。」

「私の子供たち、あなたをとても愛しています。私はあなたの母であり、聖母教会の保護者であり、私たちの聖なる牧師である教皇ベネディクトと将来の牧師である教皇ピョートル 2 世の保護者であるため、恐れる必要はありません。大いに祈ってください、わが子供たちよ、わが最も聖なるロザリオ、慈悲のチャプレットを忘れないでください。」

「あなたを祝福します。父と子と聖霊の御名によって。アーメン。しっかりしてください、聖なる息子よ、あなたはもうすぐ自由になるからです。」

「あなたを祝福します。父と子と聖霊の御名によって。アーメン。”

「あなたの母であり、聖母教会の牧師の守護者です。」

ウィリアム:聖母が私を祝福してくださった後、彼女は 3 人の大天使を送ると言いました。

聖母: 「父と子と聖霊の御名によって。アーメン。愛してる。”

________________________________________________________________

This entry was posted in 日本語 and tagged . Bookmark the permalink.