悪魔カルトの犠牲者

_______________________________________________________________

_______________________________________________________________

2012年6月に血液検査室に入ったとき、悪魔が近くにいると感じたので、恐ろしい予感がしました. 研究室は不気味な静けさの中にあり、奇妙な男が受付の窓の近くに座っていて、私は出口のドアのそばに座っていました.

私は精神病患者と思われる人物に同情しましたが、一瞥すると恐ろしくて不安でした。 彼の目は、鋭く脅迫的で、突然動いた – 精神病患者は通常内向的であり、アイコンタクトを避ける. 私は彼に近づくべきですか、それとも避けるべきですか? 私の直感は、注意と自制を勧めました。

彼は起き上がり、受付係に自分の健康状態を嘆きました。 . . しかし今、私は台無しにされています。 それから彼はキュービクルに入り、瀉血医と対話しました。 彼は彼の健康を台無しにした悪魔のカルトに参加していました。

彼は研究室を出るときに私をじっと見つめていました。私は彼が出発するまで不安を隠していました。 恐ろしいことに、採血医は私に彼女を怖がらせるかどうか尋ねました. いいえ、私は答えました!

_______________________________________________________________

This entry was posted in 日本語 and tagged . Bookmark the permalink.

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out /  Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out /  Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out /  Change )

Connecting to %s

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.